スポーツ

東京マラソン2018トイレの注意点や対策・おすすめのトイレ穴場を紹介!

今年も東京マラソン2018の日が近づいてきましたね。

東京マラソンは世界的ランナーや芸能人の方たちも参加される大規模のマラソンですよね。

私的に気になるのが箱根駅伝に出場されていた神野選手。

東京マラソン2018注目選手

毎回のことながら沢山の選手が出場されるので大混雑するのは間違いなし。

そんな中誰もが心配しているのがトイレのことではないでしょうか?

寒い中だとトイレも行きたくなりますよね。

そこで東京マラソンのトイレの場所、注意点やトイレの穴場についてまとめていきたいと思います。

東京マラソン2018のトイレの場所は?

ランナーの方はトイレの場所を確認しておきたいですよね。

沢山の仮設トイレが用意されています。

詳しいトイレの設置場所はココから確認できます。

もし分からない場合はスタッフに聞くと近くのトイレを教えて頂けますので心配はないと思います。

スタート前のトイレについて(注意点も)

スタート前にトイレは済ませておきたいですよね。

スタート地点のトイレはどこも大混雑です。

30分以上並んだという声も・・・

注意点として8時45分までに整列完了していないと1番後ろからのスタートとなります。

そう考えると時間に余裕を持ってトイレに行くようにしないといけないですね。

早く行きすぎても寒かったらまた行きたくなるということもあるかと思うので8時半ごろまでには行っておきたいですね。

スタート地点のトイレのおすすめ場所は?

スタート地点から近いトイレの場所はココから確認できます。

どこもトイレは混雑しますがおすすめのトイレの場所は少し歩かないといけないですが

新宿中央公園にあるトイレです。

並ばなくていいわけではないですがスタート地点よりは人が少ないです。

東京マラソンのトイレの穴場は?

マラソン中にトイレに行きたくなった場合、トイレに並んでいる時間が・・・って思いますよね。

少しでも並ぶ時間を減らしたいですよね。

そこでトイレの穴場について調査しました。

スタート地点付近のトイレは混雑しますが10km以上離れるとトイレは空いているそうです。

穴場としては地下鉄のトイレという声が多かったです。

地下鉄のトイレを利用するためにSuicaやPASMOを持っているといいみたいです。

コンビニも快く貸して頂けるみたいです。

男性の方は男子小用のトイレがある場所がおすすめ!

沢山の仮設トイレがありますがほとんどの仮設トイレが男女兼用の仮設トイレです。

でも男子小用の仮設トイレが用意されている場所があります。

東京マラソン経験者によりますとそちらの方はほとんど並ばずに空いているとのことです。

男子用の仮設トイレがある場所

0.4km地点・・・新宿アイランドタワー前広場

0.4km地点・・・新宿三井ビル前

(↑この2つに関してはスタート地点から近いので混雑している可能性ありです。)

3.4km地点・・・中央大学玄関前駐車場

5.3km地点・・・東京理科大学駐車場

16km地点・・・北部下水道事務所

21.7km地点・・・清澄庭園公園広場

26.6km地点・・・浜町公園前交差点

31km地点・・・みずほ銀行

35.7km地点・・・品川バスターミナル

38.7km地点・・・区立芝公園

トイレ対策として・・・

2月の終わりといってもまだ寒いですよね。

トイレは自然現象なので我慢はいけないですもんね。

でも走っている途中にはできるだけトイレに行きたくないというのが本音ではないでしょうか?

そういう場合は前日からカフェインのものを控えたり飲み物を控えるようにしておくといいかもしれませんね。

そして冷えないようにカイロなどを貼っておくといいかもしれません。

但し脱水症状には注意してくださいね。

くれぐれも無理のない範囲でが1番です。

まとめ

東京マラソンのトイレ事情について今回はまとめてみました。

トイレだけは我慢するっていっても自然現象なので仕方ないことですよね。

東京マラソン経験者によるとトイレの看板があったりスタッフに聞けば親切に教えて頂けるということなので場所的なものは心配ないのかもしれません。

問題なのは待つ時間・・・

どうしてもスタート前はトイレの混雑は避けられないと思うので時間に余裕を持っての行動をされることをお勧めします。

では東京マラソンに参加される皆さん、頑張って下さいね。

応援しています。