その他

青木水理の経歴・子供や夫は?著書やおひるねアートの教室やイベントもチェック!

こんにちは、モモです。

赤ちゃんと暮らされている家族の皆さんはお昼寝アートとかされたことありますか?

我が家は赤ちゃんいないのでしたことはないのですがテレビとかで紹介されているのを見ると可愛いなぁっていつも思います。

写真を残してあげることで思い出にもなりますよね。

赤ちゃんのおひるねアートといえば、日本おひるねアート教会代表理事の青木水理さんが有名ですよね。

そこで今回は青木水理さんってどんな人なのかな?って気になったのでチェックしていきたいと思います。

青木水理のプロフィール

名前 青木水理(あおきみのり)

生年月日 1985年生まれ

年齢 33歳(2018年現在)

「赤ちゃんのおひるねアート」の提唱者。

日本おひるねアート協会理事長。

おひるねアートスタジオSTORYトータルプロデューサー 。

元トリマー。

結婚したあと2年間はペットショップでトリマーとして働かれていました。

その後長女を出産されてベビーサインの資格を取得し講師を6年間されていました。

フクロウ
フクロウ
おひるねアートをするまでにも色々されてたんだね。
モモ
モモ
そうみたいだね。その後おひるねアートにつながるよ。

そして長男を出産し、趣味でおひるねアートみたいな撮影をされておひるねアートの写真を載せるブログも開始。

そのブログをみてメディアの方から連絡が来て本の出版が決まったということです。

そして趣味ではなくおひるねアートのお仕事をされるようになりました。

2013年10月・・・一般社団法人日本おひるねアート協会を設立。

2015年4月・・・おひるねアートスタジオ ストーリーをオープン。

たくさんのメディアなどに出演されたりして活躍されています。

青木水理さんの著書

おひるねアートをしてみたいという方は参考にされてみてはどうでしょうか?

 

夫や子供について

青木水理さんは20歳のときにご結婚されています。

旦那さんは9歳年上。

現在は2人のママ。

2007年には長女を出産。

2012年に長男を出産。

ちょっと似てきたか? #息子可愛い

日本おひるねアート®︎協会代表 青木水理さん(@minori__aoki)がシェアした投稿 –

現在は11歳と6歳の子供さんがいらっしゃるということですね。

おひるねアートって?

おひるねアートとは?

「赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影する、赤ちゃんと一緒に作るアート写真」
赤ちゃんが産まれたら撮っておきたい思い出写真。
今しか撮れない可愛い表情や姿を絵本のように残せます。

出典: www.ohiruneart.com

フクロウ
フクロウ
可愛い写真が残せるっていいね!
モモ
モモ
赤ちゃんのときって撮影大変だけどいい思い出になるよね。

おひるねアートを撮影するにはどうしたらいいの?

おひるねアートのことは分かったけど撮影するにはどうしたらいいのかな?って思われる方もいますよね?

方法としては

①自分で撮影する方法

簡単にできるのは自宅で自分で撮影するという方法です。

でもどういう風にしたらいいのか分からないという方はおひるねアートの本もあったりします。

上のほうに青木愛理さんの著書を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

またおひるねアートの飾り方や撮り方を教えてくれる教室も開催されているので近場の教室を探されてみてもいいと思います。

おひるねアートの教室を探す

②おひるねアートを体験できるイベントを探す

家で撮影とかもいいけどやっぱりどういう風に撮影するか分からないしまずは体験してみたいという方、まずはおひるねアートを体験できるイベントに参加されてみてはどうでしょうか?

無料の体験イベントなどもあります。

イベントを探す

撮影会で撮ってもらう

せっかくおひるねアートを撮るなら本格的に可愛い衣装を着たりして撮影したいという方。

撮影会がおすすめです!

撮影会を探す

まとめ

今回はおひるねアートの提唱者、青木水理さんがどんな方なのか、夫や子供さんのこと、

そしておひるねアートに関しても紹介しました。

青木さんの経歴をみると元はトリマーでその後もベビーサインの講師をされたりと色々経験されているんですね。

そして趣味で始めたおひるねアートのブログがきっかけで今はおひるねアートの協会も設立され大人気になってますよね。

改めてすごいなって思いました。

赤ちゃんのおひるねアートに興味ある方、色んなところでイベントもされているみたいなので参加してみて思い出を沢山作るのもいいですね。