テレビ番組

「半分、青い。」で話題の夏虫駅ってどこ?ロケ地沢入駅の観光地などもチェック!

こんにちは、モモです。

私の最近の朝の楽しみといえば『半分、青い。』を見る事なんです。

皆さんは見られていますか?

すずめちゃんと律くんの久しぶりの再会に今後どうなるの?ってドキドキしちゃいました。

すずめちゃんはやっぱり律くんが好きなんでしょうね。

そこで今回放送で出てきた夏虫駅ってどこにあるのか実在する駅なのか気になったので調べてみました。

夏虫駅ってどこにある?

『半分、青い。』ですずめちゃんと律くんが再開し話題になっている夏虫駅。

フクロウ
フクロウ
夏虫駅ってどこにあるの?
モモ
モモ
気になるよね。どこにあるのか調べてみるね!

調査してみた結果「夏虫駅」という駅は存在しませんでした。

夏虫というバス停は岐阜県にあるみたいです。

フクロウ
フクロウ
じゃああの駅は架空の駅ってことなの?
モモ
モモ
夏虫駅という駅はないけどあの撮影された駅は実在するよ!

では「夏虫駅」として実際に撮影されたロケ地についても調べていきたいと思います。

夏虫駅の撮影場所(ロケ地)は渓谷鉄道?

「夏虫駅」は存在しない駅でしたが、撮影されていたあの駅は一体どこなのか気になりますよね?

夏虫というバス停が岐阜県にあったので岐阜県で撮影されているのかな?と思いましたが違いました。

実際のロケ地は群馬県にあるわたらせ渓谷鐵道のわたらせ渓谷線にある沢入駅(そうりえき)で撮影されているそうです。

風情がある駅ですよね。

沢入駅(そうりえき)について

モモ
モモ
沢入駅について場所などチェックしてみましょう!
所在地 群馬県みどり市東町沢入962
所属事業所 わたらせ渓谷鐡道
路線 わたらせ渓谷鉄道わたらせ渓谷線
開業日 1912年11月11日開業。
備考 無人駅

駅舎はログハウスになっています。

上にも書いていますが無人駅になっています。

珍しいのが駅舎内に簡易郵便局があることです。

この駅の利用者は1日平均で40人前後。

「半分、青い。」のロケ地ということで今後は沢山の方が訪れそうですね。

観光地やあじさいもチェック!

沢入駅の構内にはあじさいが2200本程植えられています。

7月の上旬の土日にはあじさい祭りも開催されるそうです。

2018年のあじさい祭りは

7月7日(土)10:00~16:00

7月8日(日)10:00~15:00

で開催されるそうです。

せっかく行くなら綺麗な時期に行くのもいいですよね。

この時期以外にも春は桜、秋は紅葉が楽しめるそうですよ。

フクロウ
フクロウ
他に観光地とかってないの?
モモ
モモ
観光地かぁ。調べてみるね

沢入駅から徒歩1分の場所には

陶器と良寛書の館

という日本各地の陶磁器など展示されているみたいです。詳しくはここから

私が気になったのは沢入駅の隣の駅ですが

神戸駅にある

列車のレストラン“清流”

列車を改造してレストランになっているんですね。

詳しくはここから。

沢入駅に行ったついでに列車のレストランでランチするのもいいなって思いました。

まとめ

今回は朝ドラの「半分、青い。」で放送されていた夏虫駅についてチェックしました。

夏虫駅って何かいい名前の駅だなって思ってドラマ見てたのですが実際は実在しない駅でしたね。

でも実際に撮影されていた沢入駅も素敵な駅でした。

無人駅ということですが今後はロケ地ということできっと沢山の方が行かれるのでは?って思います。

私も近かったら行ってみたいですが群馬県は遠いなぁ・・・

一番気になるのがすずめちゃんと律くんの再開。今後どうなるのかな?

やはりこれからの展開が気になります。

「半分、青い。」見逃してしまった方も大丈夫です。

見逃し配信もあるので良かったらチェックしてみてくださいね。

半分、青い。見逃し配信をチェック