乳酸菌でダイエット!?カラダカルピスの成分や砂糖の量は?

2017年10月28日

本日は『カラダカルピス』の発売日ですね。

カルピスを飲んで脂肪が減らせるなら嬉しいですよね。

私も夏に向けてダイエットしたいので『カラダカルピス』について調べてみました。

スポンサーリンク

カラダカルピスって?

【原材料名】
原材料:脱脂粉乳、乳酸菌飲料、ニゲロオリゴ糖含有シロップ、乳酸菌粉末/酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)
【栄養成分(100ml当り)】
エネルギー(kcal):0 、たんぱく質(g):1.0 、脂質(g):0 、炭水化物(g):4.0 食塩相当量(g):0.25

【機能性関与成分】(1本あたり)
乳酸菌CP1563株200mg

1日摂取目安量:1日1本を目安にお飲みください

【届出番号】
B20

【届出表示】
本品には独自の乳酸菌CP1563株が含まれ、体脂肪を減らす機能があるので、体脂肪が気になる方および肥満気味の方に適しています

普通のカルピスと何が違うのか?

分かりやすくまとめていきますね。

カラダカルピスは

①乳酸菌CP1563株が入っている。

②カロリーがゼロ。

③機能性表示食品です。

 

普通のカルピスって砂糖が多いイメージがないですか?

実際カルピスウォーター(500ml)の砂糖の量は

約66gなんですよ。多いですよね。

 

成分見てみると甘味料が入ってるのは気になりますが

『カラダカルピス』はカロリーゼロ、脂質も〇なので痩せたいなと思っている方には嬉しいのではないでしょうか?

乳酸菌CP1563株って何?

正式には

ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株といいます。

この乳酸菌はアサヒグループさんが長年研究されている中で見つけられた乳酸菌です。

そして脂肪燃焼を促す可能性が高い乳酸菌だということが研究により証明されています。

 

私的にはこの乳酸菌とても有り難い乳酸菌です。

だって脂肪燃焼を促す効果があるなんてすごいですよね。

 

機能を解説されている動画が1番分かりやすいです。

いつ飲めばいいのか?量は?

ここまでで『カラダカルピス』が脂肪燃焼を促すということは分かりましたがいつ飲めばいいのかどれくらい飲んだらいいのかな?って疑問がありますよね。

ご飯を食べるときじゃないと意味ないのかな?と思ったけど

いつ飲んでも効果はあるということです!

そして研究結果によると

1日1本、12週間続けると体脂肪に変化が出てくるそうですよ。

 

何においても継続することで効果は表れてきますよね。

この『カラダカルピス』だけで痩せるってわけではないと思いますが甘いジュースを飲むよりは断然いいなと思いました。

 

私自身は今日発売とのことなのでまだ購入できてませんが飲まれた方の意見を見ると

普通のカルピスに比べると味は薄いけど美味しいという意見が多かったです。

※4月10日追加。実際私が飲んでみた感想です。

夏に向けてダイエットしたいという方多いはずですよね。

ダイエットするには飲み物も大切。砂糖の多いものを飲むくらいなら脂肪燃焼を促す効果があるものがいいですよね。

私自身冬の間に太りすぎてしまったので『カラダカルピス』の発売嬉しくて試してみようと思います。

スポンサーリンク

その他

Posted by モモ